岡太神社・大瀧神社(福井県越前市)

2019年(令和元年)9月19日、知り合いの方から珍しい建築物があると聞き、パンフを見せてもらいました。 一目見ただけで、併記してある説明を読むこともなく、これは一度行ってみたいの直感でした。 早速その夜、Google Mapで検索し距離算出すると、自宅から一般道で約150kmほど。 9月19日(木)の天気は、京都も福井も雨マ…
コメント:2

続きを読むread more

イベント開催予告!

「京都市指定の文化財」と題し、「ICOM京都大会」開催記念の協賛企画展示が下記要領で開催されます。 ◇会期    2019年8月30日 ~ 10月20日(なお、祝日・月曜は休館です) ◇主催    京都市歴史資料館・京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課 ◇会場    京都市歴史資料館(京都市上京区寺町通荒神口下る松蔭町1…
コメント:0

続きを読むread more

早くも「マツムシソウ」が・・・

京都の梅雨明けも数日前に発表があり、猛暑が連日のように続いてます。 野草たちも、強烈な太陽の光に何とか耐えて、花を咲かせていますが、 やはり元気が少し内容です。 今自宅で咲いている野草は、「フウラン」「キキョウ」「ヒオウギ」 「フイリセンノウ」「サガセンノウ」「マツムシソウ」「フシグロセンノウ」です。 「キキョウ」は、…
コメント:0

続きを読むread more

ヒオウギ(檜扇)開花

京都の三大祭りである「祇園祭」は、前祭が滞りなく執り行われ、残すは後祭りだけとなりました。 祇園祭が済めば、京都にも本格的な夏が訪れるところですが、今年は少し様子が違ってるようで、 梅雨明けが例年に比べて少し遅くなりそうとの予報です。 祇園祭の鉾町や山町では、旧家の玄関にお宝の屏風を配し、その傍にはヒオウギを飾るのが習わし。 …
コメント:0

続きを読むread more

開花(フシグロセンノウ)

今朝まだ、「蕾すがた」のフシグロセンノウでしたが、夕方には美しく開花してくれました。 山ではもう少し遅く咲くのでしょうが、下界では少し早めに咲きますね。 近年は、山に入ってもめっきり少なくなったフシグロセンノウですが、 山歩きをしていて、この花に出会えると心が和みます。
コメント:0

続きを読むread more

色々、咲いてきました!

京都の近頃は、毎日湿気の多い梅雨独特の天候が続いてますが、 野草たちは何時もながら元気に花を咲かせてくれてます。 夏の暑さが好きな『センノウ』 午後に良い芳香を漂わす『フウラン』 殆ど匂わない『フイリセンノウ』 秋の七草の『キキョウ』 単純に画像アップだけで…
コメント:0

続きを読むread more

色々な野草!

この時期、梅雨の走りとは裏腹に、けっこう暑い日があります。 京都は地形そのものが盆地なので、風が通らないのかもうすでに 気温30度越えもちらほらです。 身体の衰えもあるのか、寒暖が激しい時などは、”しんどい”ですね。 しかし、育てている野草は元気そのもの、毎年ながら美しい姿を 見せてくれて、優しい癒しを与えてくれます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都北山 季節の花

京都の梅雨入りも真近な空模様。 天候は良くないけど、はやる気持ちを抑えながら、 バイクを北山へと走らせる。 やはり〇〇峠辺りでは、小さな雨粒がぽつりポツリ。 降っても雨合羽は携行してるし、とにかく走るべし。 この日は、珍しい野草にも会えることが出来ました。 ※ちょうど満開 「ササユリ」  立てば”シャクヤク” 座れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我家の山野草

ベニバナヤマシャクヤクは、”美人薄命”のごとく、三日前後で散りだしました。 その後、楽しませてくれたのがササユリです。 その姿は、「立てばシャクヤク 座ればボタン 歩く姿はユリの花」で例えられます。 やはり素晴らしい姿であり、その芳香は近くに行けば匂いで存在感がわかります。 ◆徳島産のベニバナヤマシャクヤク …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しい!!

昨日(5月21日)の午後、町内知り合いの「お食事処 あだし野」で、 雑談後に帰ろうと表に出ると、野鳥の鳴き声が目立った。 普段聴きなれている「オオルリ」ではと思いながら、声のする方を 注視すると飛んできた野鳥が電柱の上にとまった。 向こう向きにとまったときは「オオルリ」では?と直感。 しかし、こちら向きになったとき、胸のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里より少し遅れて咲きます

今日午前中の時間、山の谷川沿いに入り、 クリンソウの偵察に行ってきました。 下界では、早くに散ってしまった「クリンソウ」が 見事に満開を迎え、一斉に咲き誇っていました。 数年前に集中豪雨があり、全滅状態だったクリンソウの群生地、 何年かが経過し、やっと昔の状態に戻りつつあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカバナサンザシ

ちょうどこの時期、「京都梅小路公園 いのちの森」では、『アカバナサンザシ』の花がとても美しく咲いていて、 緑の中で映えています。 となりには、『八重ヤマブキ』が黄色く咲き誇り、隣り合わせにコラボし咲競っているようです。 いのちの森の木道遊歩道を、まっすぐ前を見ていると、咲いている場所を見落としてしまいます。 反時計回りに歩けば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019春の和の花展

京都梅小路「朱雀の庭」で開催中の和花の展示イベント。 約250鉢140種前後の山野草が、庭のあちこちに展示されています。 4月27日に、撮影しましたが、この日は朝から強風の吹き荒れる、 冬型の天候で花を撮るにはするし苦労しました。 優しい野草たちをご覧ください。 オオバウマノスズクサ ケマンソウ ケマン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春!

待ち遠しかった春、しかし一目散に過ぎていく春。 短い春を満喫するには、タイミングよく「春」を楽しまないとね! 小生は、「桜」の花の撮影が苦手で、殆ど撮影したことがないのですが、 山野草ともなれば、その比ではありません。 我家でやっと咲いた「野草」です。 【ミヤマオダマキ】 【ショウジョウバカマ】 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一足早い春!

今年は例年に比べて、降雪量が圧倒的に少ない。 増してや、雨もあまり降らないので乾燥が著しく、 体調を壊す方が多くみられるようですね。 そのなかでも、我が家の「猫の額」ほどのスペースに、 春を告げるかのような「蕗の薹」が確認できました。 毎年、雪解け頃に「蕗の薹」探しに出かけますが、 年々減少の状態であり、今や結構貴重な山菜で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御礼!!

旧年中は、当「気まぐれブログ」にお越しいただき、有難うございました。 今年も、もう数時間もすれば新しい年を迎えますね。 どうか皆様にとって、新たに迎える年が「素晴らしい」年でありますように!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月14日の記事の”こたえ”

すっかり忘れていました。 私から質問を投げかけ、その答えをUPしないまま、次の話題をUPしてしまい、 私の無責任をお許しください。 あの時の質問はこのような画像でしたね。 答えは、『ヤマシャクヤク』の種子でした。 答えの掲載が遅くなり、申し訳ありませんでした。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

おにゅう峠

滋賀県と福井県の県境に位置する「おにゅう峠」は、毎年今頃になるとカメラマンが多く集まるところです。 目的は、「雲海」と「紅葉」であり、早朝から峠に入る人たちは「雲海」が目当て、少し遅めに入る方々は「紅葉」を 目的に入られます。 この日は朝から、曇りの天候で「雲海」は思うように出なかったようで、私が峠に向かう折、一足先に帰る方が目立…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

美ヶ原 ソロツーリング

10月16日~18日の二泊三日の行程で、長野県の美ヶ原へ出かけてきました。 一昨年・昨年と計画し、何れも天候の影響で願いかなわなかったのが、今年は やっと計画の実行に移すことが出来ました。 ただ、天気予報は良くなかったですが、何とか決行することにしたのです。 結果的に、中日の17日は午後から少し天気も快方に向かい、少しだけ 気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋は短くすぐ冬・・・?!

我家では、「マツムシソウ」が終い花の時期にはいり、 毎日昆虫たちが、「蜜」を求めてやってきます。 「マツムシソウ」は越年草であり、毎年の事ながら種子の採取が欠かせません。 全て「鉢植え」で栽培していますが、時おり”冬至芽”を覗かせる株もあり、 次の秋には運が良ければ花を付け、私たちを楽しませてくれます。 今回は、「マツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more